ヨガ

ヨガとホットヨガの違いとは?ピラティスも含め効果・実践環境・呼吸法を徹底比較

「ヨガを始めたい」と思っている方なら、ホットヨガやピラティスというエクササイズもあることをご存知だと思います。

いずれもヨガと似ていることから、どれを選ぶべきなのかわからなくなっていませんか?

そこで今回の記事では、ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの特徴をまとめ、それぞれの美容効果やリラックス効果、運動量などの違いについて解説します。

自分にあったヨガを選びたいと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスとの違いと特徴を徹底解説!

それではさっそく、ヨガ・ホットヨガ・ピラティスという混同されがちな3つのエクササイズについて、特徴と違いを解説していきます。

いずれもポーズを取ることに違いはありませんが、効果や呼吸法、実践する環境に違いがあるので把握していきましょう。

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの特徴

まずはヨガ・ホットヨガ・ピラティスの特徴についてご紹介します。

いずれも一見ヨガのように見えますが、詳しく特徴を知っていけばそれぞれの違いが見えてくるはずです。

ヨガの特徴

「ヨガ」とは5,000年以上の歴史を持つ修行法のこと。ヨガの経典である「ヨガ・スートラ」は2世紀に完成したとされており、古代インドにおいて座法・呼吸法・瞑想法などを含めた悟りを開くための修行として扱われていました[1]。

現代において全世界で実践されているヨガは、古代インドのヨガから派生した「ハタ・ヨガ」を元に作られており、「アーサナ」と呼ばれるポーズと「プラーナーヤーマ」と呼ばれる呼吸法を組み合わせたエクササイズとして定着。

身体や筋肉への効果が大きい動的ヨガと、精神や自律神経への効果が大きい静的ヨガの2種類にわけられ、さまざまな流派が存在しています[1]。

ホットヨガの特徴

「ホットヨガ」はヨガの流派のひとつであり、通常のヨガと同様に「ハタ・ヨガ」を元に作られました。

しかし、自然の環境下にて行われるヨガとは違い、高温多湿の室内環境で行われるのがホットヨガ最大の特徴。静かに瞑想をしたりポーズを取ったりするヨガではほとんど汗をかきませんが、ホットヨガは環境の特徴上、大量の汗をかきます。

ヨガは心身ともに安定することを目的とした運動法ですが、大量の汗をかくホットヨガは、心身の安定よりデトックスを重視するエクササイズ法です。

通常のヨガよりも身体面への影響が強いと考えられるでしょう。

ピラティスの特徴

「ピラティス」とはエクササイズ法のひとつであり、ヨガや太極拳の要素を取り入れています。

つまり、ヨガの要素が入っているものの、ヨガとは別のエクササイズです。ピラティスの誕生は1900年頃とされており、ドイツの従軍看護師であるピラティス氏により、戦争で怪我を追った兵士のリハビリ運動として開発されました[2]。

そのためピラティスは、ヨガよりも身体への効果が高いエクササイズです。身体の歪みを整えて筋力を強化することを目的としているため[2]、ヨガとは根本的な考え方が異なります。

ヨガとホットヨガの違い

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスとそれぞれの特徴を見てきました。

それでは、通常のヨガとホットヨガとの大きな違いはどのようになるのでしょうか。

代表的な違いを3つご紹介します。

ヨガは常温・ホットヨガは高温多湿環境下で行う

ヨガとホットヨガの最大の違いは、ヨガは常温環境下で行うのに対し、ホットヨガは身体の柔軟性が高まる高温多湿の環境下で行われるということです。

ヨガを実践する際には自然の中など心身にとって快適な環境が理想的だとされますが、ホットヨガはあえて室温38~40℃、湿度55~65%と心身に負担がかかる環境で取り組むことが最もわかりやすい違いだと言えます。

体内の老廃物を水分とともに排出することでデトックス効果を得るため、水分補給をこまめに行うことが注意点です。

ヨガは精神・ホットヨガは肉体へのアプローチを重視する

ヨガとホットヨガは、心身へのアプローチの仕方も異なります。元々が悟りを開くための修行法として確立されたヨガは、身体面とともに精神面へのアプローチが大きい運動法です。

しかしホットヨガは主に身体面へのアプローチがメインとなります。

血液のめぐりや代謝を改善し、デトックス効果を得ることがホットヨガの目的です。

ヨガはリラックス効果・ホットヨガはダイエット効果が高い

実践したときに期待できる効果に関しても、ヨガとホットヨガには大きな違いがあります。

ヨガは瞑想や静的なポーズによりリラックス効果やストレス解消効果を得て穏やかな心を実現させますが、ホットヨガはダイエットや美容目的で実践されることが多いようです。

デトックス効果が高いことや筋力増強効果があることから、ホットヨガは通常のヨガよりダイエット効果に優れているとされます。

ヨガとピラティスの違い

ヨガとホットヨガの次は、ヨガとピラティスの違いについて見ていきましょう。

特徴をご紹介する項目で解説したようにピラティスはヨガではないため、実践方法や効果について大きな違いがあります。

ヨガは腹式呼吸・ピラティスは胸式呼吸を行う

ヨガの特徴のひとつとして、「腹式呼吸」を重視することが挙げられますが、実はピラティスは腹式呼吸ではなく「胸式呼吸」で取り組みます。

ヨガで腹式呼吸が行われるのは、腹式呼吸にリラックス状態を司る副交感神経を活性化させる働きがあるため。

ただ、ピラティスはリハビリとして開発された経緯があり、活動状態を司る交感神経を活性化させる働きがある胸式呼吸を取り入れています[2]。

ヨガとピラティスでは取り組む目的が異なることから、呼吸法も異なることが大きな違いです。

一見同じように見えても、呼吸法の側面から見ると、体に与える影響は全く正反対だと言えます。

ヨガは精神・ピラティスは肉体へのアプローチを重視する

ヨガとピラティスのアプローチの違いは、ヨガとホットヨガの違いのように、ヨガが精神面へとアプローチするのに対し、ピラティスは肉体面へのアプローチを重視することです。

ピラティスを行う目的は、体の歪みを改善し、インナーマッスルを鍛えて強く健康な体を作り上げること[2]。

自己を見つめることで悟りを開き、精神の安定へと導くヨガとは根本的な目的が異なり、それに伴い心身へのアプローチも違います。

ヨガは静止・ピラティスは動きのある姿勢で行う

ヨガと言えば静かにポーズを取ることが特徴的な運動法ですが、ピラティスは流れるような動きで取り組むことにも違いがあります。

身体面へのアプローチを重視するピラティスでは、筋力を鍛えるため身体を大きく動かすエクササイズです。

ヨガとピラティスは一見同じに見えても、実際に取り組んでみると大きく違うものだと実感できるでしょう。

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスのおすすめスタジオを厳選!良質なインストラクターがいるクラスはココ!

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスとそれぞれの違いを比較して、自分にピッタリのエクササイズを判断できたのではないでしょうか?

ここからは、スタジオレッスンを受けたいという方のために、ヨガ・ホットヨガ・ピラティスでおすすめできる教室を2つずつご紹介していきます。

ヨガのおすすめスタジオ

まずはヨガのおすすめスタジオです。全国的に評判が良く、通いやすく、本格的なレッスンが受けられるクラスを2つ厳選しました。

zen placeヨガ

ヨガ教室の大手である「zen placeヨガ」。グループレッスンでは常温ヨガとホットヨガの両クラスが用意されており、常温ヨガを希望される方なら、プライベートレッスンやオンラインレッスンも受けられます。

オンラインレッスンは1ヶ月10,000レッスン以上が配信されているので、遠方の方でも自宅で思う存分ヨガに取り組めるところがおすすめポイント。

グループレッスン体験は1回500円(税込)とお試ししやすい料金設定。さらに、「月会費2ヶ月無料」などのキャンペーンも定期的に開催されているので、キャンペーン情報やクーポンをチェックすればお得にヨガを始められます。

スタジオシャンティ

「スタジオシャンティ」は東京・日本橋にあるヨガスタジオ。どのようなライフスタイル・目的の人でも通いやすいよう配慮されていて、「モーニングヨガ」「ランチヨガ」「男ヨガ」「姿勢改善ヨガ」など多種多少なクラスが用意されていることが特徴です。

「ヨガ解剖学」というクラスもあり、ヨガの知識から学びたいという人にもおすすめ。

料金プランはマンスリーメンバー・月4回通いコース・合計8回まで4ヶ月間通い放題になる回数券・ドロップインと4種類からお好きな支払い方を選べます。

体験レッスンは3,300円(税込)で2回受けられるので、じっくりと教室を吟味したいという方でも安心です。

ホットヨガのおすすめスタジオ

次に、ホットヨガを始めてみたいという方に向けて、ホットヨガをメインとするヨガスタジオをご紹介します。

ホットヨガ教室は全国に多数ありますが、中でも評判の高い教室を2つ厳選しました。

カルド

ホットヨガスタジオとして名高い「カルド」は、全国に105店舗を展開しています。

ホットヨガと常温ヨガはもちろん、溶岩石を使った岩盤浴やジムなども利用できることから、さまざまな目的の方におすすめできるスタジオです。

ホットヨガから常温までいろいろなヨガに挑戦したいという方にも良いでしょう。

カルドのホットスタジオ内には銀イオンを混ぜた加湿器である「銀イオンスチーム」が用意されており、衛生的で美肌効果も得られることが特徴的。

さらに、遠赤外線床暖房も敷かれているため、体を外側と内側の両方から温めて効率よく発汗させます。体験レッスンは無料なので、興味のある方はぜひ予約してみてください。

ラバ

「ラバ」も「カルド」と並びホットヨガスタジオとして高い知名度を誇ります。

全国の店舗数はホットヨガスタジオとしては最多で、430以上にも上るのでどの地域にお住まいの方でも通えるはずです。

プログラム数は40以上が用意されており、初心者コース、リラックスコース、引き締めコース、肩こり改善コースと、目的にあったホットヨガを実践できるところが魅力的。体験レッスンは150円(税込)で60分間受けられます。

ピラティスのおすすめスタジオ

最後にご紹介するのは、ピラティスに挑戦したい方へのおすすめスタジオです。

ピラティススタジオはヨガスタジオより数は少ないものの、サービスが充実したスタジオも多いので、始めてみたい方はまずご紹介する2つのスタジオをチェックしてみてください。

ピラティスK

「ピラティスK」は、マシンを使ってピラティスを行うところが最大の特徴です。マシンが体をサポートしてくれるため、初めてピラティスに取り組む方でも安全で、効率的に効果を実感することができます。

体験レッスンは60分間で料金は無料。スタジオ会員になるとヨガとサーフエクササイズも含め、オンラインレッスンが月額1,078円で受講し放題になるというサービスも用意されているので、毎日エクササイズに取り組みたいという方におすすめです。

ビーディーシー ピラティス

「ビーディーシー ピラティス」もマシンピラティスのレッスンを受けられるスタジオ。

表参道・吉祥寺・恵比寿・二子玉川と東京にしかありませんが、マシンピラティスの資格を取得した指導員のみが在籍しており、質の高いレッスンを受けられると評判です。

プライベートレッスンの設備も整っており、本格的にピラティスを学びたいという方におすすめ。

体験レッスンは3,850円(税込)で55分とたっぷりと受講できる上に、体験レッスン当日に入会すると体験料がキャッシュバックされたり、入会金と初月月会費が無料になったりするキャンペーンも定期的に開催されているのでお得に始められます。

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの効能には大きな違いが…デメリットやメンタルへの効果も考慮して選ぼう

ヨガ・ホットヨガ・ピラティスの効能・効果や実践方法にそれぞれ違いがありますが、いずれにも基礎代謝を高める可能性があり、エステサロンよりダイエット効果が高く、自律神経のバランス改善や運動不足解消にも効果的と女性や芸能人から高い人気を集めています。

元運動部女子以外の、少し運動が苦手だという方からも高い支持を得ているスポーツがヨガ・ホットヨガ・ピラティス。女性専用のスタジオも多いので、伸縮性とフィット感のあるウェアが恥ずかしいと感じる女性も通いやすいはず。

心身のケアを始めたいという方は、今回の記事を参考にしながらあなたにピッタリのエクササイズを選んで始めてみましょう。

[1]参照:e-ヘルスネット:ヨガ
[2]参照:e-ヘルスネット:ピラティス

-ヨガ

© 2022 SOLORE[ソロレ]